○医療費控除は、自分や自分と生計を共にする家族のために医療費を支払った場合に、一定金額の所得控除を受けることです。

期間はその年の1月1日から12月31日まで。
医療費の控除は、かかった医療費から10万円【年間所得が200万円以下の人は所得の5%】を差し引いた金額が控除の対象金額になります。 確定申告の際に手続きとなります。
この医療費というのは自分一人ではなく、生計を共にする家族の医療費も対象になります。
 
すなわち、合計で年間10万円以上(もしくは年間所得の5%以上)の医療費を支払った場合には、申請すれば医療費の控除対象となるのです。


*なお、控除対象は200万円までが限度となります。
*医療費控除は税金を直接引ける税額控除ではなく、総所得金額を減らすことができる所得控除です。
*医療費控除の可否につきましては、ご注文商品や税務署員の判断によります。詳細はお近くの税務署にお問い合わせください。



○医師または歯科医師による診察または治療に対する支払い費用
*健康診断(人間ドック)の費用や医師への謝礼金は含まれません。

○治療や療養に必要な医薬品の購入費用
*ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のための医薬品の費用は対象となりません。

○あんまマッサージ指圧師、ハリ師、きゅう師、柔道整復師による治療のための施術費用

○保健師、看護師などによる療養上の世話の費用

○助産師による分娩の介助の費用

○介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額

○医師による診察を受けるための通院費、医師などへの送迎費、入院の際の部屋代

○治療に必要なコルセットなどの医療用器具などの購入代や賃借料
*自家用車で通院する際のガソリン代や駐車場の料金は含まれません。

○医師などによる診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、義歯などの費用

○疾病による寝たきりで医師の治療を受けている場合のおむつ代
*医師の発行した「おむつ使用証明書」が必要です。

控除には領収書が必要となります。
年間10万円を超えることはない!と思っていても 領収書などはきちんと保管しておくことが大事です。
※当社での注文商品は「セルフメディケーション税制」の対象ではありません。


なお、医療費控除の詳細につきましては、お近くの税務署へお問い合わせ頂くか、国税庁のページをご確認ください。

【2017年 1月31日 現在】